■ じゃこ天とは
愛媛県南予地方(宇和島・八幡浜)に江戸時代より伝わる郷土料理。
小魚を骨ごとミンチにし磨り潰して油で揚げたカルシウム・DHA・EPAが豊富なヘルシー食品。
切干大根、うどん、おでんの具として小魚の旨味満点。
軽くあぶって大根おろしを添えればお酒が一層
おいしくなるおつまみにもなります!
■ じゃこ天の原料
ホタルジャコ
スズキ科。長く平たい体はピンク色で、腹の部分は銀色。体から光を出して泳ぐことから「ホタルジャコ」。体長は14cmぐらいになります。当地方では、腹の部分に硬い棒の様なものがあることから「はらんぼ」と呼ばれています。
アカヒメジ
体の長さは20cm。体全体は、暗い赤い色のだんだらもようをしており、尾の上の部分は白に赤いせん状が3本ほどあります。下あごにはムチのようにしなやかな2本の長いひげがあります。
【じゃこ天の製造工程へ】